樹遷の養生塾

養生塾とは、消極的健康法でなく、積極的生の生きる知恵、そして自分だけでなく他の自然すべてと共にすこやかに生きていく、いわば東洋的人生の生き方指南を体で体得していく道場「いのちの調律、人生の湯治場!?」みたいなものと自分では理解しています。

樹遷さんと寝食を共にしながら息づかいから、日常の所作、そして気功を手立てとして気の整えや、気食の食事つくり、癒しあい等々、講演などのお話では伝えきれない‘いのち’の世界を身に付けていきます。

昔から東洋では、お師匠さんと弟子は一緒に生活しながら、様々なことを学んでいきます。言葉では伝わらないもののなかにこそ大切なものがあり、それはやはり日々の生活の中から伝わっていくものだと思います。

この時代ある意味、贅沢な企画であると思います。
単発での参加もありですが、ある程度参加することで日常に習慣化しやすいとは樹遷さんのアドバイス。
日帰りの参加もありで、皆の生活の負担にならないように弾力的に企画していこうと考えて居ます。

この機会に思い切って養生塾にはまってみませんか。
きっと後で人生の大いなる転換期だったと振り返って思えるはず。
それだけの価値はあること確証です。ご参加あれ。

●定員
15名 「家族のように密度濃くということで」

●参加費
23,000〜27,000円(開催月によります)
「一泊二日、宿、食事込み。日帰りの人は相談しながら。」
「経費やお金のない若者の参加支援も含めご理解を。」

●大まかな一日の流れ
昼13時集合
茶礼と講座
夕食つくり、夕食の説明
お風呂後、夜の整え、癒しあい、座談
次の朝暁気功
朝食
癒しあい
茶礼と解散12時前

 

ーーーーー樹遷さんからメッセージーーーー

「養生(ようじょう)」というと、何やら行く先短い年寄りの消極的健康法の様に思う方々もいるかも知れません。しかし、本来養生とは、積極的にいのちを養う知恵と生き方です。また、養生を治病の一環と勘違いしている向きもあるかも知れません。本来養生は、病に至って行うものでは無く、平常、日頃からの生き方の知恵と実践の体系なのです。

更に、養生の思想は、単に生物個体としての人の健康法といった短視眼的ものではなく、宇宙自然に活かされた存在としてのこのヒトのいのちを、その自然の摂理のえにし、いのちひとつらなりとして自覚し、生きて行くコンパスと地図を認識し、磨き深めて行く体現の哲学でもあるのです。養生は、幼児から、児童、若者、中高年を問わず、更にはこれから子を授かり、受胎しという方々にも必須の知恵と実践と言えます。

身の回りに物が溢れ、情報が溢れ、一方ヒトと自然の交流意識は希薄となり、人と人の差別化、分断化が進む今日、先に述べた「養生の思想」が切実に問い直され、実践体現されねばならない時に至っています。

ここに、養生の思想と実践を再び説く由縁です。

*養生(ようじょう)という語に付与された老人の健康法的イメージを拭う試みとして、当塾では『養生(ようせい)』と表現する事とした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●過去の養生塾
樹伯の記録と写真がご覧いただけます。

2019年 立春 (第7回)
2018年 大雪 (第6回)
2018年 寒露 (第5回)
2018年 芒種(第4回その1)
2018年 芒種(第4回その2)
2018年 春分(第3回)
2018年 大寒(第2回その2)
2018年 大寒 (第2回その1)
・2017年 (第1回)

・・・・・・・・・・・・・・・

●2019年開催のご案内
養生塾は、泊りがけのいわばいのちの湯治療みたいなものです。
樹遷さんと生活をともにしながら、養生の息遣いを学びます。
似るは真似るから、ということで、
隔月開催2泊が基本ですが、日帰り参加も大丈夫なゆるい会です。
お気軽にご参加ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・

開催場所、開催時間などはイベントをご覧ください。
不明点などありましたらお問い合わせ、電話、メールにてお願いします。