杜のまなざし塾白山の杜報告 6/23

クラウドファンディング杜のまなびや達成感謝企画としてさせていただいた、杜のまなざし塾。天気にも恵まれ、多くの方の参加の元楽しく終えることができました。下は5歳から上はん十歳まで、いろんな世代が集い、さながらブナの杜の様。始めは樹遷さんの、植物、地層のお話から。歩くたびに薬草を見つけ、その説明、自然を活用し、故に自然を敬ってきた昔の人の知恵に脱帽。もっともっと自然のことを知りたいと誰もが思ったのではないでしょうか。その後ブナの杜にはいり、ここでは自分が先導させていただき、樹木になる気功、站椿功を一緒に楽しみました。子供たちは生きてることが気功というわけで、自由に杜を駆け巡っていました。杜から降りた後は、麓のお宿の一室を借りて、昼食をいただきながら、樹遷さんブレンドのハーブテイとスクール生が焼いてくれた気食クッキーが皆の山歩きの後の体を癒してくれました。

その後、樹遷さんの森の語りタイム。植物が多くの感覚器官をもっているということ、みどりに私たち人間は支えられ生きているということ、すべてのいのちと響きあう感性の育みが今大切というお話に皆、歩いた杜を思い起こしながら深くうなづいていました。帰り道では一本一本の樹木や草が個性を持った愛しい姿に見えてくるのが毎回感動なのです。人中心の社会からみどりに圧倒的に依存しながら生きている私たちのありようを素直に見つめ、新しい関係性を築いていくこと、足るを知る謙虚さが大事なのではと思いました。次回は秋10月、又再会ということで、盛会に終了させていただきました。多くの方のご支援で子供、若者達が参加することができました。この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。