養生塾 2019年立春(第7回)のご報告

2019年、年初めの養生塾、2月無事終了。というか今回も素晴らしく、そして暖かく心に火が灯る会とすることができました。まずは参加者、そしてご指導いただいた樹遷さんに感謝。

今回は会場がなかなか見つからず、お仲間の田舎の別邸?をお借りしての会となりました。去年もそうだったのですが、北陸の冬は人が動かないということで、年末の半分の少人数だったのですが、ちょうど今回の家サイズにはぴったりの人数で、アットホームなまさに気の家族を深く味わえたとは参加者の声。

●冬の整え

始まりでは、樹遷さん、皆さん冬の寒にあたり気のバランス乱してますねと、まずは足の冷え、むくみへの対応、いわば腎の気の調整。その後、首肩に冷えがコリとなって表れている人多いということで、首肩の気の癒しあいを行いました。終わった後は皆、見える景色が違う、五感がはっきりすると本来の自分の体になった手ごたえを
嬉しそうに語り合っていました。いつも樹遷さんの手立ては本当にシンプル、養生塾では余分な飾りはすてて、少しの手立てで、日常生活に使えることを。本来、気とはシンプルなもの、そして命はそれに答えてくれる素晴らしいもの、現代はいじくり回し、勝手に複雑にしている、それを解きほぐしたいというのがこの養生塾。
なんでこれだけで、こんなに体が軽くなり、なにより優しい気持ちになるのはなぜと気の世界の不思議に感じ入ってしまいます。

●恒例かるた大会

夕食後は旧暦の小正月ということで今年も百人一首大会、皆真剣にとりあうのがかわいいのです、みんなでこんな風にかるたをしあう風景も今ではなくなっているような。輪を囲むということ、それだけでも気は巡る、食も団欒が一番の栄養ですね。
最後に背中の気の交流をしてすこやかな眠りにつきました。やまとことばの柔らかさ、自然に対する深い観察からくる言葉、使いこなせるようになりたいなと皆が思ったのではないでしょうか。自然への関心が深まることは同時に日本の文化に触れること、文化は体に身について初めて文化、
やまとことばと気は切っても切り離せないものだなと感じる近頃なのでした。

●銀世界の朝

二日目の朝がこれまた、神様からの贈り物!?今年全く雪降らずで、田んぼの土がずっと見える景色だったのが、この日窓を開けるとなんと一面銀世界、そして空は真っ青、1シーズンに何回しかない見事な冬景色が皆を迎えてくれました。恒例の朝のあんま功の後、外に出ましょうということで、誰も歩いていないまっさらな世界で、
お日様や近くの山や、青空さんと目一杯、動功を中心とした気の交流をさせていただきました。
これは本当にすがしがしい体の細胞奥に残る素敵な時間でした。後ろを見ると参加されたお母ちゃんたち、娘さんになったようにきゃきゃはしゃいでいるのが素敵でした。家では母役、奥さん役と自分の時間が
あまり持てないのが今の日本、でもこんな風にふとお母さんたちが本当の自分の素に戻れる時間というのはとても貴重なものではないでしょうか。命を一新して又日常へ、そんな場になっているような気がします。
この日のために日々頑張れるとは参加者の感想。

●暮らしでの体の使い方講座

午前の最後は前半は参加者の日々の気になる所作を学びたいということで、座り方、しゃがみ方、振り返り方と美しいたたづまいのありようを学びました。美しいは気が流れていること、こんなに優雅に日々体使えたらかっこいいな、日々の中で気にかけようと思いました。いつか少しは様になるかな。
後半は前日の復習を兼ね、更には来るべき春に向けての整えを行いました。
このころになるともう気の場ができているので、二人組になった瞬間から気が動き始め、一人でに調整されていく感が何とも面白いのです。日常でマヒしがちな気の感覚ですが、わずか一日でもこうやつて過ごすことで、よみがえってくるから不思議です。だんだん、そんな気から確かな実感としての気の世界。
スタート時期が違っても開けば皆一緒なんですと語られる樹遷さん。
参加回数を重ねるごとにそうだなと実感します。明治に入り、気の文化、漢方の世界の伝承が絶たれたけれど、先達さんたちの懸命の想いで今日、樹遷さんを通しこうやって体験できることが本当に有り難く、そして貴重な機会だなと改めてご縁に感謝したくなる二日間でした。
気食も毎回のことながらただおいしく、そして心がこもり、そして季節に寄り添うメニューでした。こちらは今回からきちんと記録に取り又年末に小冊子にする予定。ご期待を!

●終わり去りがたく

そんなこんなで、お昼前に終わる予定が皆去りがたく、一緒にご飯を食べましょうと近くのお店に入ることに。その後も喫茶店でコーヒーをいただき、塾以外での普段着の樹瀬さんと楽しいひと時を持てたのもこの人数ならではのこと。参加者は大満足だったのではないでしょうか。

 

●今年も多くの出会いを

今年も始まりました。その第一弾企画、勢いがつきました、次回は3月、5月、それぞれ違う会場で又新しい仲間と、一期一会の塾となります。皆さん一度ご参加あれ。命が喜ぶ感じ味わってもらいたいな。
養生、一年経ってからだに自然と身につき始めた感じが。これを10年続ける人と、しない人、大きく人生変わるだろうな。
何歳からでも始めれます、なにせ気はすでにあるもの、そして命そのものだから。